ピュア…

2013.02.02 Saturday 19:21
0


    おっ!マーク入り〜



    一度はお試しあれ…

    クラスAのこの品質…



    以前と中身は変わらないけど…








    栄村のSS-1の場合・・・

    2012.02.16 Thursday 08:25
    0
       
       

       こちらは栄村森林組合さんの事務所・・・

       今シーズンよりさいかい産業さんのSS-1を導入いただき

       とにもかくにもこの暖房能力の高さに事務所の皆様はべた褒め・・・

       しかし一時

       一部のロットで使用されていた長野ペレットの燃えが悪く

       乾燥状態・水分が多いのか成分の割合か・・・

       毎日煙道(8本)のパイプの掃除をされても

       燃えカスが給気口をうめてしまい

       不完全燃焼たる火の丈が高く・・・

       そこでワオッ!さすが助け合いの組合!!!

       画像は御覧の通りで

       ペレットストーブでペレットを乾燥中!!!

       ウッドペレット事はいろいろあります

       助け合いですね〜

       

       

       

      輸入ペレットに御注意!!!

      2012.02.01 Wednesday 08:59
      0
        さいかい産業様より緊急連絡!!!
        「不純成分が含有されている廃棄物由来と考えられる木質ペレットが販売されていることを確認いたしました。
        多量の塩素が含まれ、内部機構をひどく錆びさせるとともに、人体に有害なガスも発生することも確認いたしました。お客様に確認したところ「ベトナム製ペレット」であるそうです。」
        輸入ペレットの全てに問題があるということではないのですが、遠いお国のことなので実際の成分確認は難しいですよね・・・やはりお近くの山での間伐などからの純粋な木材が理想ですね・・・ウッドペレットの基本です・・・

        船長〜!ウッドペレットって奥が深いね〜〜〜

        2012.01.23 Monday 16:20
        0




          その木の種

          水分&乾燥&圧縮率・・・

          ストーブとの相性・・・

          ウッドペレットはイージーGo!

          されど奥深く難しい・・・

          ぼくが絶賛したNAGANO

          なんか昨年末に作られたのが

          ロットで一部水分が多かったのか・・・?

          はたまた樹皮の割合か・・・

          長いのが目立って供給量を減らしたりし

          炉の熱上がらず・・・

          そんなこんなで

          いざという時の処方箋

          パイプ屋ホンポッポの若いのが二人で

          上伊那まで安心のピュアを4t買い付けに行ってくれた



           「bos!

           ウッドペレットだって自然の恵み

           ぼくの愛する恋人の国

           フランスワイン同様

           毎年味も変わるんだぜ!!!

           人と同じ

           心も浮き沈みさ

           完璧などありえないよ・・・

           ところで徹夜で三日もこんなことしているんだ・・

           助けを呼んでも犬と小鳥じゃな・・・

           根掛かりか・・・

           いや、いや!

           物語は続くんだよ!

           Good luck!!!」





           

           

           

           



          Wood Pellet・・・

          2011.11.30 Wednesday 18:15
          0

            先日は兵庫県の従兄弟のほっしー君から

            やや太く(7ミリ)実に固い

            長いものもやや目立つといった

            近畿の良質なウッドペレットを

            サンプルで2袋いただいたのですが

            エンバイロ系や

            他のイタストでは使用ができませんでした・・・

            らせん状のオーガ(供給筒部)の内部で

            どうも詰まり気味

            「ガリッ!ギシッ!」と

            空回りにより少量しか落ちてこない

            そういう感じなんです・・・

            また先日は

            愛知県フクちゃん家のET1000(E)で御使用の

            他のウッドペレットもやや太く(7ミリか)

            こちらはやや柔らかいのですが

            更には粉砕してしまい

            似たように少ししか落ちてきませんでした・・・

            残念・・非常に残念・・・

            点火ミス&立ち消え・・・

            まずは6ミリ×2センチほどが

            やはり一般的にベストでしょうね・・・

            国産では7ミリでもOK!な機種もありますが

            いずれにせよ

            ウッドペレットを購入の際は

            まずはサンプル的に2〜3袋としましょう

            またプラントの皆様

            一般家庭への販売をお考えであるなら

            どうか御理解ください



            今日は森の中・・・

            2011.09.24 Saturday 14:00
            0
               

              本日は高山村のカラマツ林・・・

              長野県のペレットはこのカラマツが原料ですね



              ウィ〜ンウィ〜ンのチェンソーと

              道を開くバックフォーの運転音が響く・・・




              お・い・し・そ・う・・・

              京都ペレット・・・

              2011.06.02 Thursday 11:47
              0



                梅雨入りし雨が続く・・・

                さてこちらバイオマスステーションは

                オンボロのプレハブ小屋の為

                大雨が降ると雨漏りが発生し

                ぼくの愛するストーブ君達を濡らす・・・

                画像は愛する妻が収集した

                埋め立てゴミ袋から救出したエアガン(玩具)で

                「漏らしたら打つぞ!」とやっているところ・・・



                さてお仕事・・・

                先日「森の力京都株式会社」さん生産の

                「京都ペレット」を入手し

                一昨日からそのウッドペレット燃焼試験を開始した



                もちろん京都の女性を知らないBossではあるが

                 (ここでの知らないとはそういうことであり

                 実は信州の女性とも縁がなかった。で?・・・)

                ストーブ屋

                せめてウッドペレットは理解せねばならない・・・

                原料は杉である

                ホワイトと全木をそれぞれ各2袋(20キロ)を試験燃焼

                形状は直径6ミリで

                まれに長い(4センチ)ものが見うけられるが

                これはオーガ内部で砕かれるので問題がないだろう



                うふっ

                杉は杉でも京都・・・

                やはりぼくには未知な世界であり

                不思議とエレガントなこの香りに心が揺れる・・・



                まずは全木

                選抜ストーブは毎度のイタストのET1000

                排気レベルを2としペレット供給量は−15

                5段階ある火力レベルを4として燃焼開始!

                5分30秒と点火はスピーディーであり

                燃焼状況もやはりなんとも上品である・・・



                されど杉・・・

                燃焼4時間後辺りから火の丈が高く暴れだし

                煙が目立ちはじめた・・・

                これはクリンカーと言われる燃焼残物が

                バーンポット(燃焼皿)の給気口(小さな穴)を閉塞させ

                燃焼に必要な給気が不足し

                やや不完全なる燃焼を引き起こしている状態である



                松系の原料だとこのクリンカーは目立たず

                杉となると例えホワイト(皮なし)であってもこいつは避けられない・・・



                しかし

                30畳近くの空間を日中ず〜と暖めるウッドペレット

                その7時間10キロの燃焼残物がこの程度というのは素晴らしい!!!

                良い女にはなんとやらの

                これは木の個性

                チャームポイントなのであり

                理解し合い愛し合えば良いだけである

                まして実稼働で火力4レベル連続燃焼4、5時間とはまれであり

                4、5時間毎に一度消してバーンポットが冷えたことを確認し

                残物を除去すれば良いだけなのだ・・・

                地産・脱化石・脱原発・緑地化の促進

                京都ペレットは美しい!



                さてしかし

                ストーブ屋にとっては実に退屈な季節で

                手持ち無沙汰にと玩具とは言え危険なもので遊んではいるが

                編み物でも始めようかと思う今日この頃だったりする・・・


























                石鹸と手ぬぐいを忘れるな!!!

                2011.05.14 Saturday 08:41
                0
                   

                  今朝のBossは

                  ウッドペレットボイラーの視察で

                  愛知経由にて和歌山県田辺市へ向かう・・・

                  門出を祝して

                  なぜか原チャリに乗ると

                  ほんとBossゴリラ・・・

                  検証は続いている・・・

                  2011.01.26 Wednesday 17:37
                  0
                     

                    “森の灯台”木質バイオマスステーションでは

                    木質バイオマスの研究が続いています・・・

                    ここでは地産地消ということを基本としておりますから

                    画像の薪はりんごの剪定薪と裏山の木々です



                    ウッドペレットにおいては

                    地域の解体住宅の材木で作られたものを検証中〜

                    そもそも十二分に乾燥がなされておるのですが

                    材木としては杉や檜など数種の木々が混在しておるので

                    クリーンカーを含む燃え残りが目立ちます・・・

                    画像はET1000での

                    連続燃焼10時間後の燃焼ケースの状況



                    こちらはKOZI ベイウィンの状況で

                    燃焼ケースの大小あれど

                    似た感じです・・・



                    画像のように燃焼2時間後に

                    炉側ガラス面は黒く煤けてきます

                    イタストのテルモロッシの1000クラスは唯一

                    ウッドペレット供給量の微調整が利き

                    ヨーロッパのホワイトであらば「00」という

                    メーカー出荷時の設定供給量で良いのでしょうが

                    御当地の全木のピュアや長野の場合は

                    −15が望ましく感じています

                    検証中の古材のウッドペレットでは

                    −25〜30です

                    10時間〜15時間の燃焼試験では立消えはなし

                    ただし

                    常時燃焼ポット(燃焼皿・燃焼ケース)の給気穴を

                    燃えにくい残物が詰らせ

                    やや給気不足燃焼を続けます

                    その為にガラス面がやがて黒く煤けてくるのです・・・

                    材木なので樹皮の存在はありません

                    ただ杉という燃えにくい木の比率が高いのでしょう

                    ただ燃えないことはなく

                    しっかり暖がとれます

                    ・・・・・

                    在来工法における柱材とは

                    数十年という長い月日をかけて

                    二酸化炭素を吸収し育った木で

                    その後製材工場で加工され

                    また数十年

                    とある家族の雨や風をしのぎ

                    動物人類に貢献してくれたのです・・・

                    またその間

                    動物人類は小知恵を働かせ

                    同サイズの木々を育てています・・・

                    その際に間伐が必要なので

                    ウッドペレットが生まれていきます

                    解体後の柱材は従来

                    処理施設であっという間の焼却です

                    一軒の柱材から成るウッドペレットとは

                    たぶん3シーズン分ぐらいではないでしょうか・・・

                    (勝手に書きながら、あ〜疲れた・・・)

                    ま、いずれそんなシステムが生まれるでしょうね



                    さてなんでしょう?

                    ウッドペレットバーニング?



                    正解は薪ストーブ

                    ドイツ製のツインファイアー

                    xeoosです



                    上部での未燃焼排煙ガスを

                    下層部の炉において

                    完全燃焼させています

                    だから一般的なウッドペレットストーブの

                    燃焼炎にクリソツなんですね・・・

                    30回ほど焚いて

                    更に分かり合えた気がします



                    何をどう焚くか・・・

                    哲学っぽくなっちゃったので

                    今日はお終い・・・





























                    ピュア再入荷・・・

                    2010.11.19 Friday 11:39
                    0


                      上伊那ピュアを400袋追加納品



                      木質バイオマスステーションとは

                      よく言ったものである・・・

                      「疲れたな〜」という感想しかないが

                      頑張って投稿中です

                      「NAGANO PELLETS」の安定供給がいよいよであり

                      自宅のエンプレスで燃焼試験中であるが

                      良いぜ「NAGANO」!というのが

                      近況報告

                      当初より樹皮割合が下がると

                      唐松なので

                      ほぼピュアと似た燃焼〜

                      今のところ燃えカス状況も似ている

                      ただ今シーズン「NAGANO」は立上り段階の為

                      バイオマスステーションでは

                      安心の「ピュア」を在庫し

                      サポート体制を整えている

                      しかも!

                      ぼくのダイエットに効果的だ・・・










                      Calender
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • lob お出かけしましたよ〜
                        Boss
                      • lob お出かけしましたよ〜
                        daisan
                      • Bossです…
                        bubu
                      • Bossです…
                        Boss
                      • Bossです…
                        bubu
                      • Bossです…
                        やむ
                      • Bossです…
                        Boss
                      • Bossです…
                        Boss
                      • Bossです…
                        やむ
                      • 着々と
                        bs
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM