ペレトーブ試運転状況・・・

2011.02.04 Friday 10:27
0
     

    先日設置完了したペレトーブの燃焼状況・・・

    可動式ルーバーと風量切替スイッチのオプション付

    温度センサーはもちろんだが

    国産には珍しく風圧スイッチ搭載で

    排気経路の閉塞をチェックし

    また海外製にない感震装置搭載の

    実に真面目なストーブである

    カナダ製標準の

    給気ダンパー(排気ダンパー)もうれしい・・・

    良く燃えとりましたよ〜

    category:日鋼設計 | by:Bosscomments(0)trackbacks(0)

    久しぶりのペレトーブなのだ・・・

    2011.01.25 Tuesday 17:43
    0
       当ブログは

      「ペレットストーブ屋 Bossの日記」なだけに

      ストーブの設置事例というのが主な投稿内容となっており

      まるで自慢でもしているかのようで

      最近自己嫌悪におちいったりします・・・

      しかもカテゴリー「Bossの妄想」では

      デジカメタイマー撮りなどで

      ややポーズを決めて自身を撮り

      客観的にまた冷静に考えると馬鹿者に過ぎず

      お恥ずかしい・・・



      しかしながら

      この馬鹿者が考えていることは

      こういうことなんです・・・

      ・・・・・

      まったく未知のストーブ

      新たに導入をしていただいたユーザーさんとは

      例えば北軽井沢のmiyanekoさんを例にすると

      画像の山(志賀高原)の向うので

      ちょっくら行って見るという距離ではなく

      またぼくの生息地が海の無い

      山に囲まれた信州であるので

      遠くは兵庫や奈良の「うし」さんなど

      岩手の「かっしー」さんなんて

      山の向うの向こうのず〜と向うなんです・・・

      でまあ、それは仕方がないにせよ

      このウッドペレットストーブとは

      全国的にあまりにも普及がスローで

      半径15キロ内の近隣に

      他のユーザーがいるかいないか

      そんな環境であり

      情報も入手しにくく

      随分孤独な思いをさせてしまっているんです・・・

      そんなことでお節介もいいところなのですが



      「お〜い、皆様〜大丈夫か〜い?

       最近のぼくは

       和菓子屋の若旦那のような甘いマスクに

       顎鬚がイケテいて

       ヒゲが大嫌いな母と日々戦っておりますよ〜!」と

      しばし意味も無いふざけた投稿をし

      せめて販売責任者の生息をお知らせしておるのですね・・・

      まあ、遠く離れてもmiyanekoさんら

      多くのユーザーさん(ぼく設置外も含めて)と

      つながっている必要もあろうかな?

      つながっていたい!

      正直はただ随分楽しんでおるのですが

      そんな感じなんです・・・

      さてそんなことでシツコイですが

      設置の御報告・・・



      本日は長野市内にてお久しぶりのペレトーブ(日鋼設計さん)

      このペレストの暖房能力の高さを

      ぼくはかつてのイベント展示で実体験している



      展示実演中

      最大燃焼で天板にヤカンをのせると湯が沸いた・・・

      一般的な湯沸し可能なウッドペレットは

      下部で熱交換されておるので

      70℃が限界でしょう・・・



      ・・・・・

      さてステーションに戻ると

      ET1000とベイウィンが

      忠犬ハチのように忠実に燃え

      ぼくの帰りをただ待っていた・・・

      誇らしく燃える火がぼくに勇気を与え

      「このまま行こう〜!」

      そんな風に思った・・・

















       

























      category:日鋼設計 | by:Bosscomments(2)trackbacks(0)

      ペレトーブの燃焼実験・・・

      2008.10.06 Monday 17:34
      0


        こちらは広島の日鋼設計さんのペレトーブ。
        奇抜なこの赤のボディーカラー以外に黒や深緑があります。

        個人的にとてもやさしい家庭向け、といったイメージをうけておりましたので、正直あまり興味をいだいておりませんでした・・・

        しかし、燃焼してみるとあら不思議、いいですぞ!ペレトーブ!
        ストーブの燃焼ケースが大きく10000キロにちかい暖房出力を発揮します。
        特徴は、他にはない正面の安全構造です。
        一般的なストーブの正面の炉はむき出しなのですが、このストーブにはガラス面以外の炉をパネルで囲いあまり熱くならない構造なのです。
        安全です。
        また、ガラス補強パネル(網のようなパネル)がガラス内側にセットされておるのですが、このパネルは以外や以外、炎を浮き出すような良い感じに演出するのです。
        しかも湯沸しができるプレートがあり、遊べます。
        設置含め45万ほどというのが実にいいですね。

        いいですよペレトーブ!
        category:日鋼設計 | by:Bosscomments(4)trackbacks(0)

        Calender
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • lob お出かけしましたよ〜
          Boss
        • lob お出かけしましたよ〜
          daisan
        • Bossです…
          bubu
        • Bossです…
          Boss
        • Bossです…
          bubu
        • Bossです…
          やむ
        • Bossです…
          Boss
        • Bossです…
          Boss
        • Bossです…
          やむ
        • 着々と
          bs
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM